2010年10月06日

ルリタテハ



 かからむ 
    
     芋虫あまりに おぞましく
 

          
             たれか知るらん 明日の姿を
 


  しばらく前、我が家の庭にルリタテハが訪れて

きました。少しの間たゆたっていましたが、風に

乗って姿を消してしまいました。タテハチョウ科

の蝶はみなとても美しいのですが、ルリタテハは

その名のとおり、瑠璃色の羽の鮮やかさのために

愛されています。



  私の故郷、北海道にもいました。成体で冬を越

す、つまり冬眠をする蝶として知られています

が、熱帯のフィリピンにも生息します。広く分布

していながら、個体数がすくない上に敏捷に飛び

回り、なかなか捕らえられないために、比較的珍

しい蝶と思われています。
ところが、この色鮮

やかな蝶の幼虫はあまりにも毒々しく、おぞまし

い姿をしています。これを出っくわすと、たいて

いの女性は身を縮めて「キャー」と叫んでしまい

ます。



 わが家の庭にあの蝶が訪れてからしばらくする

と、庭のかから(サルトリイバラ)の葉にたくさ

んの芋虫が這い出したのです。そしてこの芋虫、

毎日のように色を変え、20日ほどでさなぎにな

り、しばらくすると、親と同じ美しい蝶に変化し

ました。いまも、わが家の庭には八匹の幼虫が幼

虫からさなぎになりかけていますので、つぎつぎ

と美しい姿が見られそうです。(芋虫と毛虫は基本

的に同じですが、毛が生えているのを毛虫と呼んでいま

す。ルリタテハの場合はご覧のように毛ではなく、突起

のようです)
。成虫になりたての一匹が、私の指

に泊まっています。



 わが家の庭には、ほかにも今、何種類もの芋虫

がいます。金柑にはアゲハチョウの芋虫、トマト

には良く分かりませんが10cm近い物凄く太い奴

が生息しています。みな、やがてまったく違う姿

に変化して行くことでしょう。
蝶などの昆虫が、

このように変態を繰り返していくように、神様が

お造りになったのです。本当に不思議です。さな

ぎの中で変化するときなどは、全体が一度、どろ

どろの液体になってしまうそうです。



  ところがもっとすばらしく不思議な変態があり

ます。それはわたしたちクリスチャンが体験する

変化です。わたしたちはみな、一度死にます。わ

たしたちの体は朽ち果てます。土葬のとき
 は土に

返り、火葬のときは煙になります。でもそれで終

わりではありません。わたしたちには甦りがあり

ます。クリスチャンは新しい、さらに勝った命に

甦るのです。


 
 そのとき、わたしたちは一大変化を遂げます。

芋虫を蝶に変えてくださる神様は、わたしたちの

体を、もう、病気にも、怪我の後遺症にも苦しま

ない体にしてくださいます。弱いところ、不完全

なところ、痛むところはみな消し去り、完全に作

り変えてくださるのです。
 それだけではありま

せん。わたしたちの心まで完全に作り変えて、醜

い性質、悪い性質を取り除いてくださいます。



 だから甦ったわたしたちは、欲望に悩まされる

ことがありません。憎しみや怒り、嫉妬や猜疑心

に振り回されることもありません。すべてのクリ

スチャンの心は、主であるイエス様の心に似たも

のと変えられるのです。
また、甦りによって身も

心も変えられた私たちは、永遠に生きることにな

ります。



 わたしたちの体は、もはや年をとって弱ること

も、衰えることもないのです。
神様はまた、今わ

たしたちが住んでいる世界をまったく造り変えて

くださいます。今の天と地は滅ぼされ、新しい天

と地が現れるのです。それは天変地異も病もない

完全な調和の世界です。



 その調和の世界に、美しく変えられたわたした

ちが入れられ
、永遠に生きるのです。わたしたち

が変化することは、芋虫が美しい蝶に変化するよ

りも、もっともっと確かなことです。絶対に失敗

も心変わりもしない神様がそのように定め、わた

したちに約束してくださったのです。



 だからわたしたちは、今のこの世界で、どのよ

うな困難なことに出会おうとも、失望も落胆もし

ないのです。わたしたちには確かな未来があるか

らです。

美しいルリタテハの写真、幼虫の写真、さなぎの

写真を挿入しようとしたのですが、うまく行きませ

んでした)






posted by まさ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。